怖い思考実験「世界五分前仮説」とは?【わかりやすく解説】

minute
Check point !

世界五分前仮説は、哲学者バートランド・ラッセルが「記憶」について語る際に用いた思考実験です。
記憶と時間の関係性を「世界がたった5分前に始まったとしたら」と例え、説明したものです。

世界は一体いつ、どうやってできたのだろう?
そんな風に考えたことがある人は、実は多いのではないでしょうか。

世界五分前仮説」は、世界が五分前にできたとしたら…と仮定した思考実験です。

世界五分前仮説はどんな内容?

思考実験「世界五分前仮説」

minute2

世界五分前仮説とは、名前の通り「世界がたった5分前に始まった」という仮説を考える思考実験です。

すべての生き物や建物、これまでの記憶・歴史的な出来事の記録など、世界のありとあらゆるものが神によって5分前に作られたとします。

あなたの友達や家族も、5分前に「そういう人間関係」として5分前に作られたのです。
さらに細かく言えば、現在食事している人も「食事をしている状態」で5分前に作られました。
歴史ある建物や文化遺産も「そういう建築物」として5分前に作られています。

あくまでIFの話で、実際に世界が5分前に作られたという根拠があるわけではありません。

そんなわけない、と誰しもが思うでしょう。
しかし、「この世界は5分前に作られたものではない」と証明することはできますか?




世界五分前仮説はだれも否定できない?

世界が5分前にできた、と言われても、突拍子もなくあり得ないと断言する人も多いでしょう。
しかし、よく考えると実はこの仮説を否定することはできないのです。
それでは、実際に反論を考えてみましょう。

5分以上前の記憶がある

よく挙がるのが、「私には5分以上前の記憶があるから、世界が5分前に始まったわけがない」という反論です。

「5分前に何をしていましたか?」と問われれば、誰でも答えることができます。
それよりも昔の、1時間前でも、3日前でも、1年前の記憶だってあることでしょう。
それらを証明する記憶の写真や思い出の品もあります。

しかし、「世界五分前仮説」でいえば、その記憶も写真も5分前に神によって作られたものです。
神が世界の歴史や人間の記憶などを創造したため、5分よりも前の記憶がある状態で誕生したのです。

つまり、5分前の記憶があるという意見では世界五分前仮説を論破できないのです。

タイマーで5分以上計る

「ちょうどタイマーで計っていたところで、そのタイマーが5分以上経過している
これも、確実な証拠に思えます。

しかし、「世界五分前仮説」は世界のあらゆるものが5分前に作られたとする仮説です。
そのため、そのタイマーも5分以上経過した状態で神に作られたものなのです。
タイマーに限らず、時計やデジタル機器、歴史的な遺物や道に落ちたごみも、5分前にそう設定されて作られたものになります。

つまり、物理的な方法でも世界五分前仮説を否定することはできないのです。

世界五分前仮説は証明もできない

今まで自分が積み上げてきたものすべてが5分前に作られたものだった、と考えるとぞっとしてしまいますよね。
しかし、世界五分前仮説を否定できないのと同じように、世界が五分前に作られたとしても、それを証明することはできません。

ではなぜ、世界五分前仮説は提唱されたのでしょうか?

「世界五分前仮説」提唱の背景

この思考実験を提唱したラッセルは本当に「世界が5分前に始まった」という説を証明したかったわけではありません。

あくまで彼にとってこの思考実験は「記憶とは何なのか?」について語る論文で、自分の考えを分かりやすくするために用いた例え話でした。

ラッセルは、過去と現在の記憶の在り方について、以下のように述べています。

世界が五分前にそっくりそのままの形で、すべての非実在の過去を住民が「覚えていた」状態で突然出現した、という仮説に論理的不可能性はまったくない。

異なる時間に生じた出来事間には、いかなる論理的必然的な結びつきもない。

それゆえ、いま起こりつつあることや未来に起こるであろうことが、世界は五分前に始まったという仮説を反駁することはまったくできない。

したがって、過去の知識と呼ばれている出来事は過去とは論理的に独立である。そうした知識は、たとえ過去が存在しなかったとしても、理論的にはいまこうであるのと同じであるような現在の内容へと完全に分析可能なのである

ラッセル “The Analysis of Mind” (1971) pp-159-160: 竹尾 『心の分析』 (1993)より

参考サイト:バートランド・ラッセル “The Analysis of Mind”(1921)オンライン・テキスト

ラッセルは世界五分前仮説で「異なる時間に生じた出来事間には、論理的・必然的な結びつきはない」ということを主張したかったのです。

「世界五分前仮説」の通り世界が5分前にポンと作られたとしても、誰にもそれを証明できません。
つまり、「現在」からは「過去」とのつながりを証明することはできないのです。

それでは、さらに詳しくラッセルの考えを見ていきましょう。

過去と現在はつながっていない?

当たり前のことですが「過去」は既に終わったことなので、「現在」には存在しません。
「過去を思い出す」という行為は過去に戻る事ではありませんし、過去が現在に干渉することもありません。

あくまで「過去」とは頭の中の知識・記録でしかななく、「現在」や「未来」との論理的な結びつきはないといえます。
そのため、「過去」と「現在」の結びつきは証明することができないのです。

過去は基本独立していて、現在とはつながっていない。
ラッセルは、こうした記憶と時間の関係性の例として、世界五分前仮説を挙げました。

まとめ

これまで「世界五分前仮説はラッセルが本気で提唱したのではなく、説明のためにたとえ話として使用した」と説明しましたが、この仮説はそのインパクトの強さから、たびたび議論されます。

世界五分前仮説を考察することで、過去の存在や価値観を疑う視点に立つことができます。

自分の記憶や、自分の気づいてきた人間関係が5分前に神によって作られたもの、と考えてみてください。
「過去がなくとも自分は自分だ」、と断定できる人もいれば、「とてつもない孤独感を感じる」という人もいるでしょう。

ラッセルの考えに基づいていえば、実際に世界が5分前に作られたとしても、現在の私たち、未来の私たちに何ら不都合はありません。
しかし、過去がすべて5分前に与えられたものだとすれば、自己が揺らぎ、アイデンティティを見失いそうになる感覚がありませんか?

自分が信じている物が本当に正しいのか、一風変わった思考に耽る楽しさを味わって見てはどうでしょうか。