シンギュラリティとは?AIが人間を超える?【2045年問題】

singularity
Check point !

シンギュラリティ(技術的特異点)とは、「人工知能(AI)が人間の能力を超える時点」を意味する言葉です。
人工知能が学習を続けることで、人工知能は飛躍的な進化を遂げると考えられています。

最近ではテクノロジーの進化も目まぐるしく、私たちの生活は様々な人工知能に支えられています。
この記事では、人間の社会に大きな変化を与えるといわれているシンギュラリティについて、そしてそれによって起こりうる未来の変化について詳しく解説していきます。

シンギュラリティはどんな意味?

シンギュラリティとは、人工知能(AI)などの機械が学習を重ねて、人間以上の知能を持つようになる時点を意味します。

日本語では、技術的特異点といいます。

アメリカの発明家で人工知能の研究をしているレイ・カールワイツ博士によって提言されました。
簡単に言えば、機械が機械の限界を超える瞬間のことです。

シンギュラリティはいつ訪れる?

では、シンギュラリティを迎える瞬間はいつ訪れると考えられるのでしょうか。

人工知能など、技術の世界では、「収穫加速の法則」で技術が進んでいきます。
何か技術的な進歩が一度起こると、その技術が次の技術の進歩までの時間を短縮し、加速度的に技術を進化させていくのです。

このことから、カールワイツ博士は、「コンピューターの知能は2029年に、人間と同等程度になり、2045年には人間の知能を超え、シンギュラリティを迎える」と提唱しました。

シンギュラリティの到達に関しては様々な意見があるものの、カールワイツ博士の提唱した2045年の説が一番有名です。

2045年問題とは?人間が機械に管理される?

シンギュラリティが訪れることで、人間の知能では追いつけない未来が訪れるかもしれません。
この問題のことを、シンギュラリティ到達の年に合わせて2045年問題といいます。

人間の意識や記憶をデータ化し、人間から「死の概念」をなくしたり……
地球上のすべての生き物の管理をAIがしたり……

こうした、人間では成しえない未来が訪れるかもしれないのです。
しかし、現段階では上記のように人間の生活が根本から変わってしまう変化は、フィクションの世界でしか考えられていません。

現実での人間生活の身近なの変化としては、仕事・雇用面での影響が大きいのではないかといわれています。

人間の仕事がなくなる?AIの得意な仕事・苦手な仕事

人工知能(AI)が発達していけば、人間の生活がもっと楽で暮らしやすいものになることは確かです。
しかしそれは、今まで人間が行っていた仕事を人工知能が行うことになるということ。
つまり、人間の仕事が人工知能によって失われてしまうかもしれないのです。

もちろん、いきなり人間の仕事が全て人工知能(AI)によって失われることはありません。

AIには得意な仕事と苦手な仕事があり、仕事によって人間が活躍する場面、AIが活躍する場面が分かれることになります。
では、AIな仕事、苦手な仕事について詳しく見ていきましょう。

AIの得意な仕事

AIが人間より優れている点は、膨大なデータを管理できること、そして疲労しないことです。
大量のデータの管理・分析、反復作業など、人間だと疲れてミスをしやすい単調な作業をAIは得意とします。

具体的には、以下のような仕事があげられます。

データの記録や分析・判断 クレーム処理・サポートセンターなど
単純な文字入力など定型的な業務 事務員・秘書・銀行員など
機械類の操作 自動車や電車の運転手・機械の修理工など

記録を残したり保管したり、過去の膨大なデータから最適な答えを導き出す、といった作業は、人間より機械がやったほうが効率的です。

また、一定の規則のある作業も人間はミスが生じてしまいますが、AIはプログラムに従ってミスなく行うことができます。

上で挙げたような職業は、いずれほとんどがAIによって行われるようになるかもしれません。

AIの苦手な仕事

では、AIの苦手な仕事も見ていきましょう。

AIはプログラムに従って動くため、独創性や柔軟さに欠けるといった問題があります。
イレギュラーが生じやすい、臨機応変さが求められる仕事は苦手です。
また、データから答えを導き出すことは得意ですが、「なぜその答えになるのか」という過程をわかりやすく説明することは苦手とされています。

具体的には、以下のような仕事があげられるでしょう。

臨機応変な対応 介護士・接客業・カウンセラーなど
人に何かを教える仕事 教師・インストラクター・医者など
創造性が必要な仕事 イラストレーターや画家・小説家など

コミュニケーションが必要になる仕事は、相手の言葉の真意を読み取ったり、場の空気に合わせたりと、プログラム化できないほど細かい情報のやり取りが必要です。
環境や個人に合わせて柔軟に対応したり、相手にわかるよう説明することが必要なる仕事はまだAIにはできないのです。

もちろん、これらの仕事の中でも部分的にAIが使用される場面はあります。
しかし、すべてをAIが行うようになるのは、まだ先だと考えてよいでしょう。

 

まとめ

機械が人間を超えるようなシンギュラリティを迎えたら、その先の未来は人間には想像できないものになるでしょう。

仕事がなくなる、シンギュラリティが来ると聞くと人工知能の発達そのものも少し不安になってしまいますよね。
しかし、人工知能は人間の生活をより便利で快適にしてくれるものです。
人工知能が発達することで新しい仕事が生まれたり、人間にしかできない仕事への需要が急上昇したりすることも考えられます。

シンギュラリティの到来、2045年問題を考え、変化していく将来に対応できるよう、自分自身を見つめなおすことが大切なのかもしれません。