「ラプラスの悪魔」とは?未来がわかる悪魔は実在する?【わかりやすく解説】

Check point !

ラプラスの悪魔」とは「全てを知っており、未来も予見している知性という存在」のことです。
「未来はすでに決まっている」という概念をさす場合もあります。
17世紀にフランスの数学者、ピエール=シモン・ラプラスによって提唱されましたが、20世紀に量子力学によって否定されるようになりました。

ラプラスの悪魔とは?

ラプラスの悪魔は17世紀の物理学で登場した架空の村税で簡単に言うと「すべてを知りうる存在」のことです。
詳しく解説するにあたって、まずは、ラプラスの悪魔が提唱された時代背景に注目します。

ニュートン力学の誕生


17世紀にニュートン力学という物理学の一種が誕生しました。
ニュートン力学では「全ての物体の運動は、その物体の位置と物体にかかる力を正確に測れば知ることができる」とされています。

例えば、「ボールを転がす時、ボールの出発点とボールにかける力がわかれば、ボールがどこに移動するか転がす前から予測できる」ということです。

この考えから「全ての出来事は過去の出来事によってのみ決定されている」という決定論の考えが生まれました。

ラプラスの仮説・超越的な知性を持った存在

フランスの数学者、ピエール=シモン・ラプラスは決定論の概念を説明する際に、以下のように主張しました。

もしもある瞬間における全ての物質の力学的状態と力を知ることができ、かつもしもそれらのデータを解析できるだけの能力の知性が存在するとすれば、この知性にとっては、不確実なことは何もなくなり、その目には未来も(過去同様に)全て見えているであろう。

『確率の解析的理論』(1812)より

簡単に言うと「この世の存在の全ての情報を知り、それを解析できる知性をもった超越的な存在がいたら、その存在は未来を完璧に見通すことができる」という仮説です。
この存在のことを、「ラプラスの悪魔」と呼ぶようになりました。

ラプラスの自著では、この超越的な存在は「知性」と表現されていますが、のちに「ラプラスの霊」と呼ばれ、それが徐々に変化し「ラプラスの悪魔」として広まったのです。

ラプラスは本当にラプラスの悪魔の実在を主張したのではなく、決定論をわかりやすく説明するために、極端な例として考察しました。

未来はすべて決まっている?

上記の通り、決定論の考えでは、現在もしくは過去に起こった出来事によって、未来を予測できます。
言い換えれば、過去の出来事によって既に未来は決定しているということです。

例えば、あなたがケーキを食べたとします。

  • ケーキを食べたのは、甘いものが食べたかったから
  • 甘いものを食べたかったのは、疲れていたから
  • 疲れていたのは、仕事をしたから……

と、このように理由を考えていくと、ケーキを食べることは過去の出来事によって決まっていたとわかります。
そのため、未来はすでに決まっていると考えることができるのです。

理論上は正しく思えるこの考え方ですが、実は20世紀ごろに否定されるようになります。

ラプラスの悪魔は実在不可能?

あなたは決定論やラプラスの悪魔という仮説は正しいと思いましたか?
原因を探れば正しい結果が見えてくる、というのは一見正しいように思えますが、これらは20世紀に誕生した量子力学によって否定されています。

量子力学の台頭


20世紀、量子力学という分子や原子などミクロの世界に関する物理学が登場します。

量子力学の考えの一つでは、原子などのミクロの物質には完全にランダムで変化するものもあり、その未来は確率的にしか決めることが出来ないとされています。

また、物質の運動量や位置、エネルギーなど物理量の測定値は揺らいでいて不確定であり、全く正しい数値を知ることは出来ないとわかりました。
そのため、「全ての物質の正確な位置と運動量を厳密に把握することは不可能」なのです。

極端に言えば、過去や現在の物質は不確定であり、その未来を予想しても微妙な誤差が出てきます。
つまり、ミクロの世界で見ると、未来はは完全にランダムで不確定な場合があるということになります。

このことから、未来が決定されていると考える決定論には矛盾が生じるということなのです。

ラプラスの悪魔は未来を知ることができない?

量子力学によって、どれだけ詳細な知識があっても、全く予想できないことがあると証明されました。
そのため、ラプラスの悪魔がいたとしても、観測できるのは「既に決まった未来全て」ではなく「未来の可能性の全て」が限界ということになります。

これに従い、ニュートン力学を含む古典物理学には一部矛盾が伴うと考えられ、その結果、ラプラスの悪魔も否定されるようになりました。

未来を断定すること本当に不可能なのか?

ラプラスの悪魔は否定されましたが、限りなく正解に近い予想をすること自体は不可能とは言い切れません。
例えば、昔は全く予想がつかない出来事だった地震なども、最近では地震が来る前に予想できるようになりました。
研究が進んでいけば、ほぼその通りの未来予測が可能になるかもしれません。

あるいは、人間が認識できないだけで実際には未来が決まっていて、超越的な知性を持ったラプラスの悪魔も存在しているかもしれません。

あなたはどう思いましたか?
これを機会に未来について考えてみてはいかがでしょうか。