思考実験「スワンプマン」を解説・スワンプマンは本物か?【哲学】

Check point !

もし自分の死後、自分と全く同じ記憶や体を持つ存在・スワンプマンが生まれたら、それは自分と別人なのか、他人なのか、という「アイデンティティ」に関する思考実験です。
1987年にアメリカの哲学者ドナルド・デイヴィッドソンによって提唱されました。

スワンプマンはどんな思考実験?

「自分」のことは、経験や能力、環境、人間関係など、さまざま事柄で語ることができます。
しかし、もし自分と全く同じ存在が現れたら、あなたは何をもってして「自分」だと認識すれば良いのでしょう?

スワンプマンは、そういった「自分自身(アイデンティティ)」について考える思考実験です。
この思考実験は、1987年にアメリカの哲学者ドナルド・デイヴィッドソンによって提唱されました。

思考実験「スワンプマン」

ある男がハイキングに出かけたら、沼の傍で雷に打たれて死んでしまいました。

その時、雷が化学反応を起こし、沼の泥から死んだ男と全く同じ見た目で、同じ記憶をもつ存在が生まれます。
この存在を、仮にスワンプマン(泥男)と呼びましょう。

スワンプマンは脳や心の状態も死んだ男と変わらないので、記憶や知識、感性も全く同じです。
趣味嗜好や癖、体質まで、スワンプマンと死んだ男と違うところは何一つありません。

スワンプマンは死んだ男と同じ自我と記憶を持っているため、「自分は雷にあたったが奇跡的に生きていた」と認識しています。

死んだ男とスワンプマンが入れ替わって生活していても、周囲にもバレませんし、スワンプマンすらも自分が泥から生まれたことに気が付いてません。
スワンプマンと男の違いは何一つありませんので、誰も気が付かないし、スワンプマンも周囲の人も、誰も困ることはありません。

さて、この場合スワンプマンは死んだ男と同一人物と言えるのでしょうか?

もちろん現実で雷によってスワンプマンが生まれることなどありませんが、ここではあくまで想像上の話として考えてみてください。

アイデンティティの思考実験:あなたがスワンプマンなら

もし、これがあなた自身の話だったとしたらどうでしょうか。

あなたが死んだあと、あなたのスワンプマンがあなたが送るはずだった日常を過ごしていたとします。
あなた自身は、スワンプマンを自分と別人だと思いますか?

反対に、あなた自身が誰かのスワンプマンだったとしたらどうでしょう。
あなたがスワンプマンだったら、その全てが誰かのコピーに過ぎず、過去の記憶にあるものは、あなた自身は実際には経験していないもの、ということになります。

その時、あなたはコピー元の人間と自分を別物だと思いますか?それとも、同じだと思いますか?

自分は自分である」という変わることのない自己認識を、「アイデンティティ」といいます。

この思考実験は、自分と他人を分けているものは何なのかを考える思考実験です。
回答者のアイデンティティや他者との区別の在り方によって、考えと答えが分かれてきます。

では、それぞれに違いがあるのかどうか、考えてみましょう。



スワンプマンの答えを種類別に解説

この思考実験では、スワンプマンと死んだ男が同一かどうかが問われています。

様々な考え方がありますが、主に以下の三つの観点からスワンプマンと死んだ男が違うかどうかが考えられることが多いです。

  • 肉体の構造などの物質の違い
  • 心や意識の違い
  • 時間の流れの違い

物質の違いで考える

死んだ男とスワンプマンは、物質として原子レベルで全く同じであり、脳や記憶、自我すらも同じです。
さらに誰が見ても元の男だと認識し、スワンプマン自身ですら自分をその男と認識しています。

つまり、スワンプマンと死んだ男は全く同じ物であり、すべての構造に何一つ違うところはありません。

物質的に考えるなら、スワンプマンは死んだ男と同じ物質なので同一人物といえます。

心や意識の違いで考える

雷に打たれ死んだ男の視点では、彼は「死んだ」という認識があり、そこで命を終えました。
スワンプマンが入れ替わって生活していても、そこに死んだ男の意識や感覚があるわけではありません。

一方スワンプマンは、雷に当たった記憶はあっても「死ぬところだった」という認識しかありません。
スワンプマンは、男が雷に打たれるまでのすべての記憶や感覚がありますが、死んだという認識はなく、その後の生活はスワンプマンしか知り得ないものです。

つまり、男とスワンプマンには「死んだという認識」と「その後の意識や感覚」の有無に差があります。

心や意識の面で考えるなら、スワンプマンと死んだ男は異なった認識を持つため同一人物ではないといえます。

時間の流れの違いで考える

この視点から考える場合、スワンプマンと死んだ男の存在の流れが過去と今とで繋がっているかどうかで判断します。

ある物事の同一性を示すには、全体の歴史の「流れ」が連続していることが重要、という考え方は歴史主義と呼ばれています。
思考実験「スワンプマン」を提唱したドナルド・デイヴィットソン自身も、歴史主義の立場からこの問題を考えています。

スワンプマンと死んだ男は、沼の中と落雷のあった沼の外で分かれて存在しています。
つまり、どれだけまったく同じ構造をしていても存在が分かれている別物です。

さらに、男は死んだことで、男の歴史・人生の時間は断絶しました。
対してスワンプマンは、男が死んだ瞬間に新しく生まれ、男が死んだ瞬間に人生が新しく始まります。
沼の外で死んだ男と、沼の中から発生したスワンプマンとは存在の時系列が繋がっていないので、時間的にも別物と考えられます。

そのため、時間の連続性で考えると、死んだ男とスワンプマンは存在の歴史がつながっていないので同一人物でなはいといえます。

アイデンティティはどこにあるか

さて、上記の答えの例に、あなたの考えに近いものはあったでしょうか?
これまでの回答例はあくまで参考ですので、自分の考えがどこに近いのか、あるいは離れているのかを知ると、ますます深い考察ができるようになります。

自分自身をどうとらえるかという視点によって、スワンプマンの結論とその根拠も異なってきます。

アイデンティティに関係する思考実験は、以下のようなものもあります。
興味がある方は、ぜひご覧ください。




Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です